緑

自己破産のメリットと問題点

サラリーマンとお金

現代社会では、借金をすることはそれほど珍しいことではありません。むしろ、大人ならばたいてい借金をしているはずです。例えば、住宅を購入した場合などは月で現金払いの人は少なく、借金をしている人の方が多いぐらいです。

また最近は、カードローンなども気軽に利用できるようになっており、そのカードローンを使って簡単にお金を借りることが可能でしょう。この時には、お金を借りることが可能になりますので、比較的簡単に借金をすることができるようになるわけです。

人によっては、金銭感覚がなくなってしまい収入に対してたくさんのお金を借りるようなことがあります。過去には、借りたお金の29.2%まで金利を付けることが可能でしたので返済するのは非常に大変でした。そのため、自己破産をした人が後を絶ちませんでしたが、最近は法律で改められており金利も最大で20%までになりました。そこで出てきたのが、過払い金請求になります。

過払い金請求は、本来利息制限法では20パーセントまでの金利にもかかわらずグレーゾーンとして出資法の29.2%まで金利を設定することができたためその分の払い戻しをすることができるわけです。これにより、100万円のお金を戻した人も少なくありませんでした。

このように、気軽にお金を借りることができることにより、借金による自己破産をする人も増えてきた傾向があります。もちろん、金利を下げたことは自己破産を防止するためですが、やはり金銭感覚がない人はどれだけ法律で規制してもお金を借り過ぎてしまう傾向や計画性がないのまま書いてしまうことがあります。

そこで、自己破産はどのような人がなるかが問題になりますが、基本的に返済する見込みがない場合に適用されることになります。仮に返済されたとしても、社会的にまともな生活を送ることができないとすれば、やはり適用されるものになるでしょう。

では、その具体的内容を見ていくことにしましょう。まず、メリットとしてあげられるものとしては返済義務がなくなることです。例えば今まで300万円の借金を背負っておりそれが確実に返済できるかどうかわからない人が破産することができますがこの場合裁判所で決定してからは残りのお金を返さずに済みます。

つまり、金銭的な負担が一気になくなるため支払失ういことにより精神的な安定感を得ることができるでしょう。やはり苦しいのは、お金を返済する行為そのものよりも借金があり返せないといった絶望感の中で生きていかなければならないことです。

よく借金を苦に自ら命を絶つ人もいますが、借金が大量にありそれを返済するだけで将来が見えてこなくなることも少なくありません。このようなときに、返済しなくて良くなれば非常にありがたいことと言えるでしょう。

次のメリットは、比較的簡単に行うことができる点です法律手続きになりますので、難しいイメージがあるかもしれませんが弁護士などに依頼することにより手続きなどはすべて行ってもらえますのでそれほどハードルが高いわけではありません。或る意味国にとってはメリットでもありデメリットにもなりますが本人にとっては利点と考えてよいでしょう。

それ以外にも、手元に財産を残すことができるため気持ちの安心感も困ります。ただし、手元にお金を残す場合にはいくらでも残せるわけではなく現金などの99万円までと決まっています。それ以上のお金に関しては、基本的に募集されて債権者に対して支払うことになります。

そもそも、財産管理人と呼ばれる人がおり、その人が破産した人の財産を管理することになるわけです。例えば、破産した人の特徴として共通しているのはお金にだらしないことでしょう。また計画性のない人も破産しやすい傾向もあります。

そのような人たちは、自分でお金を管理することができませんので少なくとも自己破産急中さらに財政が悪化してしまうようなことも考えられるわけです。このようなときに、破産者の財産を管理する人が一人でもいれば、安心することができるはずです。

では、どのような問題点があるかですが、まず将来的な信用問題が関係してきます。例えば、自己破産をしてから数年後にお金を借りる場合まず貸してくれるところはありません。闇金などであれば別ですが、基本的に一度でも闇金に足をつっこんでしまうと確実にお金の返済ができないぐらい利息が付いてしまいますので注意しなければならないところです。

二つ目は、就職するにしても職業が限定されることです。基本的に公務員などにはなることができませんし、信頼が重要な情報を扱う仕事なども任せられない可能性があります。

やはり、再建を踏み倒している以上は、社会的な信頼が薄いといっても過言ではありません。この社会的信頼を回復するためには、およそ10年ほどの時間がかかります。例えば、消費者金融などからお金を借りる場合は、破産がスタートしてから10年以上経過しないと貸してくれない可能性が高まります。

このページのトップへ