緑

仕事をしていない人の自己破産手続き

女性

近頃はカードローンなどを利用して手軽にお金を借り入れることが可能となり、利用する人が多くなってきていますが、つい多くの金額を借り過ぎてしまい多重債務の状態に陥っている方も多いです。

多重債務とは、幾つかの消費者金融などの金融機関からお金を借り入れて、その借金を返済するために異なる金融機関からお金を借り入れて、債務が膨らんでいく状態を指します。

この多重債務の状態を解消させる方法の1つが債務整理です。そのためにはまず、弁護士など借金問題の専門家に相談することが望ましく、最もその人に適している解決方法を提案してくれます。

多重債務などの問題を解決に導くためには弁護士などの助けが必要です。債務整理は法律に則って借金を減らしたり免除してもらったりして整理する手続きのことを指します。また債務整理の手続きには、大まかに分類して任意整理や特定調停、個人民事再生、自己破産といった種類が存在しているのです。

自己破産は、破産の申し立てを裁判所で行い、全ての財産や資産を競売にかけることによって、全ての借金が免除されます。仕事に就いて安定した収入を得る目処が立たず、返済していく計画が提示出来ない状態になっている方が利用する手続きです。そして自己破産のメリットは、手続きが済んだら返済していく必要が無くなることが挙げられますが、デメリットとしては周囲の方たちに迷惑をかけることが挙げられます。

手続きを行った本人に他に、家族が所有していた財産も競売にかけられることになるため、子供の学費や養育費などを支払っていくことが困難となります。そのことが原因となり離婚するという家庭も少なくありません。

迷惑がかかるのは家族だけではなく連帯保証人にもかかることになるのです。連帯保証人は自己破産の手続きを行なっても返済を免除する権利が一切成立しません。自己破産の手続きを行なった方に対する取立て行為は、自己破産の手続きを行なってからは出来なくなりますが、連帯保証人に対する取立てについては規制されていないため、債権者は連帯保証人に必然的に取立てをすることになるのです。

このページのトップへ